代表・シェフ 小川高明 Profile 

小川高明
代表・シェフ

 1971年生まれ。

 

当店のパン、焼菓子、デザート、

ジャムなど…商品の全てを一人で

作っています。

 

大学卒業後、国際製菓専門学校に入学。

西荻窪の名店『ムッシュ・ソレイユ』

て、アルバイトとして修行を始め、

5年間、製パン・製菓子の基礎を学ぶ。

『ムッシュ・ソレイユ』とは、

フランスパンを日本に広めた

フィリップ・ビゴさんのニックネームです。

ビゴさんの教えは「パン屋はパンに関わる、菓子・料理・チーズ・ワイン、

そしてフランスの文化も学びなさい」

というものでした。

 

2001年 

フランス・ブルゴーニュ地方

『ブーランジェ・パトリック』

1年間、フランスパン・フランス菓子を学ぶ。

その後、

パリのミシュラン一つ星レストラン

『ジャック・カーニャ』でデザートを学び、腕前を見込まれ

レストラン『オーボナキュイ』にて

シェフパティシエに就任。

 

更なる技術発展を目指し、

パリのバケットコンクールで優勝したことのある名店『グルニエ・ア・パン』にて修行。

そしてバスティーユの『ブーランジェ・ベニエ』にてサンドウィッチを学ぶ。

 

2003年

帰国。

フランスでの修行中にドイツパンへの関心を高め、

ドイツパンの名店である神楽坂『ベッカー』にて短期間修行。

 

2004年

腕前を見込まれ、韓国・馬山の名店『コア・ベーカリー』にて

技術指導を任される。フランスパンから焼菓子まで幅広く担当。

 

2005年

横浜・藤が丘の『パン・ド・コナ』で最後の修行。

手作り調理パン・天然酵母・焼菓子など、独立を見据えた内容を学ぶ。

 

2006年

妻・紗都子と共に代官山にて『FAMILLE代官山』を開業。

開業以来様々な老舗レストラン、一つ星レストランへフランスパンを卸しています。

→代官山で開業25年以上の老舗レストラン『ラブレー』や、ミシュラン一つ星の広尾のレストランなど。

IMG_0869.jpg

(左:『ラブレー』の社長の山田 恵様)

 

また、八ヶ岳の『ジャムとりはた』にてコンフィテュールを学び、

当店自家製のジャムを販売しております。